作品目録

一週間

ポーの一族シリーズ

初出誌
「別冊少女コミック」1975年12月号(1975.12.1) p333~348(16p)
受賞
第21回(1975年度)小学館漫画賞受賞(「ポーの一族」シリーズとして)
登場人物
アラン
カレン
ジェーン
エドガー
あらすじ
月曜の朝、雨が降っている。エドガーがアランに出かけるから支度をしろというが、アランは湿気に弱く、雨降りなので出かけたくない。そこでアランは一人で留守番することになった。
火曜日、雨はあがり、季節は初夏。アランがボートで川下りをしていると、人形が流れてきた。拾って届けた先はカレンという女の子。アランが失礼なことをしたので、泣いて逃げてしまった。
水曜日、お詫びにと花と人形をもってカレンの家に向かう途中、ジェーンに出会う。ジェーンはカレンのいとこで、アランは彼女に花と人形と預ける。
木曜日、アランがボートで遊んでいると、カレンとジェーンがやって来ておしゃべり。
金曜日、川向こうにある花の咲いている大きな木にピクニックへ。
土曜日、昨日二人をからかった罰でアランは脅かされるが、仲良く遊んでいる。
日曜日、エドガーが帰ってくるはずの日だが、エドガーは帰って来なかった。天気が少し悪くなる。
月曜日、雨が降っている。ようやくエドガーが帰ってきた。彼はドーバー海峡を越える(イギリスからドイツへ行く)手はずを整えてきた。翌日二人は出発する。カレンとジェーンが手をふっているがアランは知らん顔だ。
コメント
アランが主役の小作品。マザーグース「ジョージー・ポージー」の歌そのままのお話です。
130歳年上のエドガーにいつも上から目線で細かいことを入れているアランですが、もともとがお坊ちゃん育ちで甘やかされているので、仕方がありません。しかしこのお話は二人がドイツのギムナジウムに行く(「小鳥の巣」)直前の話なので、アランも90歳近い筈なのですが、相変わらず子どもっぽい。のびのびとしたアランを見ることはあまりなかったので、楽しい作品に仕上がっています。
今回のマザーグースは「ジョージー・ポージー」と「月曜日のこども」です。そこまではわかりましたが、後は私にはわかりませんでした。「3人男がドンブラコ」と思われる節はありましたが、未確認です。

2010.5.20

収録書籍
ポーの一族 第5巻(フラワー・コミックス5)

ポーの一族 5 フラワーコミックス 小学館 1976.9

萩尾望都作品集 第8巻 ポーの一族 3

萩尾望都作品集 8 ポーの一族 3 小学館 1978.10

ポーの一族 第2巻

ポーの一族 第2巻 小学館叢書 1988.8

ポーの一族 第1巻

ポーの一族 第1巻 小学館文庫 1998.8.10

パーフェクトセレクション7

Perfect Selection 7 ポーの一族 II 小学館 2007.11

ヴィオリータ

アメリカン・パイ