単行本

特集

文藝別冊 総特集・萩尾望都―少女マンガ界の偉大なる母

文藝別冊 萩尾望都

出版社河出書房新社
初版発行2010.5.14
定価1200円
叢書名文藝別冊
ISBN978-4-309-97734-8

目次

巻頭カラー漫画8ページ「彼」「お葬式』p1~8
萩尾望都 2万字ロングインタビュー「わたしのマンガ人生」p10~33
デビュー前、萩尾望都が10代の頃に描いた未完成の初期作品『妖精』『サムが死んでいた』p34~49
漫画家からの特別寄稿
松本零士/ちばてつや/安彦良和/永井 豪/里中満智子/山岸凉子/青池保子
/庄司陽子/赤石路代/清水玲子/宮脇明子/ささやななえこ/羽海野チカ
p50~71
萩尾望都の解説付き 仕事場&愛猫紹介“創作の根源 萩尾作品の生まれる場所”
「創作を支える仕事場の条件。そして猫との暮らし」
p72~79
家族インタビュー 両親・姉妹が語る 萩尾望都の素顔
 萩尾 浩・淑子(父母)
 田原小夜(姉)
 桂木和歌子(妹)
p80~102
貴重な萩尾マンガ 一挙掲載
・巻末スペシャルマンガ「月蝕」pI~XII
・デビュー作 「ルルとミミ」p103~122
「フレア・スター・ペティコート」p162~170
「モトちゃんのシネマウォーク」p180~199
作家からの特別寄稿
・恩田 陸「反復する未来の記憶のはざまで」p123~126
・小松左京「モト様」p127~129
・三浦しをん「漫画への愛と信頼」p130~133
・夢枕 獏「萩尾さんのこと」p134~137
作家対談 萩尾望都×長嶋有―「言いたいひとこと」と「見せたい場面」p138~154
制作の舞台裏―マネージャー 城 章子が語る 萩尾望都の素顔p155~161
評論
・ジョルジョ・アミトラーノ「地図にない 萩尾望都の不思議な国」p171~174
・マット・ソーン「萩尾望都と私とシンクロニシティと」p175~179
萩尾望都 主要47作品 徹底解説 1969~2010p200~217

映画アニメグラフィティ 11人いる!

ポーの一族 イラスト&メルヘン大特集