作品目録

トーマの心臓 Lost heart for Thoma

トーマの心臓 Lost heart for Thoma

ユーリに手紙を残して死んだトーマという美しい下級生。ユーリを慕っていたという彼は、なぜ死を選んだのか。良家の子息が通う、この学校の校長のもとに預けられたオスカーは、同室のユーリにずいぶんと助けられて学生生活を送ってきた。最近不安定なユーリの心に、トーマの死がまた暗い影を落とすのではないか。そんな憂慮をするオスカーの前に現われた転校生エーリク。驚くことに彼はトーマそっくりだったのだ――。愛と孤独、生と死に苦悩する若者の内面を、森博嗣的世界観で描いた傑作。

感想
著者森博嗣
原作・装画・扉イラスト萩尾望都
出版社メディアファクトリー
発行年月2009.7.29
ISBN978-4-8401-2867-4

トーマの心臓 Lost heart for Thoma

トーマの心臓 Lost heart for Thoma

トーマと呼ばれた美しい下級生から、ユーリに届いた一通の手紙。それは、彼からの遺書だった―。そこへトーマに生き写しの転校生・エーリクが現れ、オスカーは、遺された想いに縛られた親友・ユーリを憂慮する。揺れ動く心を捉える生と死、そして愛…。苦悩する少年たちを色鮮やかに描いた、萩尾望都の不朽の名作に、森博嗣が、今、新しい息吹を吹き込む。

著者森博嗣
原作・装画・扉イラスト萩尾望都
出版社講談社
発行年月2010.10.6
叢書名講談社ノベルス
ISBN978-4-06-182747-9

トーマの心臓 Lost heart for Thoma

トーマの心臓 Lost heart for Thoma

彼にとって、死とは何だったのか
オスカーの友人・ユーリに手紙を残して死んだトーマという下級生。ユーリを慕っていたという彼は、なぜ死を選んだのか。最近不安定なユーリの心に、トーマの死がまた暗い影を落とすのではないか。そんな憂慮をするオスカーの前に現われた転校生エーリク。驚くことに彼はトーマそっくりだったのだ――。原作を敬愛する著者による渾身の小説化。若さゆえの苦悩を森博嗣的世界観で描いた美しい物語。

著者森博嗣
原作・装画・扉イラスト萩尾望都
出版社メディアファクトリー
発行年月2012.4.25
ISBN978-4-8401-4563-3
解説少年はどこまでも透明感(萩尾望都)p318~320
解説というより御礼(森博嗣)p321~323

トレマリスの歌術師

百億の昼と千億の夜