イベント

萩尾望都先生と志村洋子先生の対談イベントが開かれました。

la kagu2017年4月15日、萩尾望都先生が染色作家の志村洋子先生との対談イベントに登場されました。志村先生が新潮社の雑誌『考える人』に連載していたものをまとめられた著書「色という奇跡」の刊行を記念して、新潮社の倉庫を改築した商業施設「la kagu」にて開かれたイベントです。


志村洋子×萩尾望都「色の神秘、キモノを着るという精神の贅沢」
日時:2017年4月15日(土)18:30~20:00
会場:神楽坂 la kagu

染織作家の志村洋子先生と萩尾望都先生が出会われたのは1992年頃。当時萩尾先生は「残酷な神が支配する」の連載を開始した頃で、心理学の勉強をなさっていたのだそうです。そんな中、縁あって参加したシュタイナー研究の第一人者・髙橋巌先生の勉強をする合宿で志村先生と出会われたとのこと。歳も同じでアーティストどうし、気が合ったのでしょう。一緒に韓国旅行に行ったり展示会に行ったりするようになり、親しくおつきあいされているそうです。

今年の1月30日に開催された「朝日賞」贈呈式で着られていたお着物は志村先生の作品です。また、2011年に刊行された志村先生の「志村洋子 染と織の意匠 オペラ」に萩尾先生がエッセイを寄せられています。

志村先生は、お弟子さんが大勢おられる先生らしく、キビキビとお話を進められるのですが、萩尾先生は少しでもわからないことがあると、その場で「ちょっと待って、それは?」と質問を突っ込みます。それで話が脱線して、あちらこあちらに飛んでいましたが、楽しかった。

主に萩尾先生の作品に関するところをピックアップして書きます。

震災後に萩尾先生の「なのはな」が発表されたとき、あまりの早さに驚いたと志村先生がおっしゃって、この作品を描くまでの経緯を話されました。ファンの方ならよくご存じの話です。震災の映像を見てとても気持ちが落ち込んでしまった萩尾先生を作家の長島有先生が呼び出して代々木公園でお花見をしました。その時に放射性物質で汚染された土壌を花できれいに出来るという話を聞き、ちょっと希望が出てきました。予告カットを書かなければならない締切が迫り、編集部に断った上で作品にすることに決めた。普段はネームを見せたりはしないのだが、この時は編集部にネームを見せて了解を得た上で描いた。この当時の自分の希望的な観測で、現地で体験した人たちとは違うけれど、遠くから見て描いたものですとおっしゃっていました。

「プルート夫人」は「なのはな」を描く際に通り一遍の科学知識しかなかったので、放射性物質の歴史を調べた。すると、ラジウムを発見した後、このエネルギーを何かに利用することを思いつき、科学者たちがまるで悪女に魅入られたかのように、どこまでも追求してしまう姿を作品にしてみたとのことでした。

「半神」について萩尾先生は、子供の頃からふたごに憧れていたけれど、大きくなると大変なこともあるのだと思うようになった。「モザイクラセン」に兄弟のふたごが登場するのだけれど、描くところが少なくて2人をくっつけて描いた。そこで最初からくっついてる双子(シャム双生児)のことに気づいて「半神」を描いたそうです。

会場には「色という奇跡」の本に収録されている布が飾られていて、これが1枚1枚違うとのことでした。つまり、1冊ずつすべて違うものが入っているのだそうで、工房でお弟子さん達と1000冊以上作られたそうですが、大変な作業だったことと想像します。

「どんなに緑が濃い植物で染めても葉っぱのような緑は絶対に出なくて、黄色と青を掛け合わせて濃い緑にする」というお話や、「木綿は植物。植物に植物の色は入らない。絹は動物の糸だから植物の色が入る」といった染色のお話も興味深く。中東の平和を願うお二人のお話を伺うにつれ、これは新潮社の文芸誌などで発表されないのかなと思いました。おもしろかったです。

志村先生も萩尾先生ももちろん、お着物です。萩尾先生の方はとても大胆な柄ですが、淡い緑が春らしい。志村先生の方も本当に淡い色の紫が上品な、これもまた春らしいお着物でした。

2017.04.15 23:40 | イベント

スタジオライフ「エッグ・スタンド」製作発表会が開かれました

エッグスタンド2017年2月、劇団スタジオライフの「エッグ・スタンド」製作発表会が開かれ、萩尾望都先生も登壇されました。朝日賞を受賞された直後ということもあり、普段よりメディアの露出が多かったように思います。演劇系のウェブマガジンは軒並み出ていますが、全国紙のウェブにも載りました。まとめます。

萩尾望都×倉田淳×笠原浩夫インタビュー(上)スタジオライフが萩尾原作の傑作漫画『エッグ・スタンド』を初舞台化(WEBRONZA)
萩尾望都×倉田淳×笠原浩夫インタビュー(下)(WEBRONZA)
...途中から有料です。

舞台『エッグ・スタンド』 萩尾望都×倉田淳 特別対談 Theater-forum(動画22分)

舞台「エッグ・スタンド」会見で萩尾望都が執筆の経緯を語る、「ポーの一族」も(コミックナタリー)
「エッグ・スタンド」萩尾望都×倉田淳が対談、執筆の経緯や舞台化への思い語る(ステージナタリー)

萩尾望都原作『エッグ・スタンド』製作発表記者会見 萩尾望都と脚本・演出の倉田淳の対談も( Astage-アステージ)
萩尾望都「観客を冬のパリに連れていってくれるはず」 Studio Lifeが『エッグ・スタンド』を初舞台化(シアターガイド)
萩尾望都『エッグ・スタンド』舞台化で"観客を冬のパリに" 特別対談&製作発表記者会見レポート(SPICE)
劇団スタジオライフ『エッグ・スタンド』製作発表レポート(オケピ)

スタジオライフ公演「エッグ・スタンド
2017年3月1日~20日 新宿 シアターサンモール
2017年3月24日~26日 大阪 ABCホール

2017.02.23 22:15 | イベント

萩尾望都先生の朝日賞贈呈式・祝賀パーティが開催されました

朝日賞贈呈式お花2017年1月31日(月)、朝日賞の贈呈式・祝賀パーティが帝国ホテルにて開かれました。
帝国ホテル2階、孔雀の間で16時より贈呈式が始まりました。朝日賞3名・1団体、朝日賞特別賞1団体、大佛次郎賞1名、大佛次郎論壇賞1名、朝日スポーツ賞1名・1団体とその関係者合計約1,000名ほどの大規模な贈呈式です。
贈呈式会場入口には多くのお花がかざられ、萩尾望都先生には小学館、小学館フラワーズ編集部始め、集英社、講談社、白泉社から贈られたお花が並んでいました。

贈呈式は、朝日賞から始まり、萩尾先生は2番目です。最初にブロンズ像と賞状とブロンズ像が贈られ、それから受賞者のスピーチとなります。必死でメモしましたが、聞き惚れてしまい、全文は無理でした。大意としては以下のようなものでした。

朝日賞という、名誉ある賞をいただき、たいへん驚いています。そしていろいろな意味で感動しています。

漫画は昭和30年代に子供の文化として広がりました。ですが、漫画ばかり読んでいると子どもが勉強しなくなる、子どもに悪い影響を与える、と大人から嫌われていました。

小学生の頃、私は漫画が大好きな子供でした。漫画の中には小説のようなドラマがあり、映画や絵画のような美しい映像があり、言葉には歌があり、画面から音楽を感じさせられました。一枚の紙の上にすべてがある。それは子どもの私にとって奇跡のような、不思議な魔法のようなものでした。大人から批判されましたが、私は、漫画は美しいもの、新しいもの、豊かなものだという自分の感覚を信じることにしました。

今回、「漫画表現の革新と長年にわたる創作活動」という受賞理由をいただきましたが、「漫画の革命」は私が子供の頃から始まっていました。手塚治虫先生をはじめとする多くの漫画家が表現の革新という波を起こしました。私はその波を浴び、好きな世界で仕事をすることができました。編集者、出版社、書店の皆さん、そして読者の皆さんに、心より感謝申し上げます。

私の両親は私が漫画家であることをずっと恥ずかしいことと思っていました。ですが、2010年に水木しげる先生の奥様を主人公にした「ゲゲゲの女房」というドラマがありました。それを見た母が電話をかけてきて「お母さんは知らんかったとね。失礼しました。」と言いました。母が謝ったのは初めてでしたので、びっくりしました。人間、意見を変えることもあるんだなぁということがわかりました。そしてその後は「私は娘が漫画を書くことに反対したことはありません。」と、過去を改ざんしていました。

現在、漫画は日本の文化として世界中に広がっています。この先も若い漫画家の方たちが、この波をずっと続けていってくださることを願っています。

20170131b.jpgこのとき会場にいたのは文化・学術、小説・評論、スポーツの関係者です。高齢の男性も多く、堅い空気を感じました。そんな中、萩尾先生は壇上で漫画の素晴らしさを堂々と、高らかに語ってくださいました。子供の頃から信じてきた道を突き進んで来られたことを誇りに思っておられることが感じられ、とても感動しました。

朝日賞贈呈式展示会場入口には受賞者の業績を説明するスペースがあり、萩尾望都先生のコーナーには以下のものがおいてありました。
1.手塚治虫文化賞受賞トロフィー
2.インクポット賞トロフィー
3.『月刊YOU』2016年8月号
4.「トーマの心臓」英訳
5.「萩尾望都SFアートワークス」
6.1979年のアマゾン旅行の際にハンモックで眠る萩尾先生
7.「ポーの一族」1~5巻
8.「王妃マルゴ」1~5巻
贈呈式展示9.「文藝別冊 萩尾望都」
10.「なのはな」新装版
11.『月刊flowers』2016年7月号

また、『朝日新聞』紙上に掲載された萩尾先生の記事やコラムが張り出されていました。「私空間」というコラム、4回に渡って掲載されましたが、懐かしいです。

尚、伊調馨さんのスピーチの中に「アスリートは言葉では語りません。結果で語ります。」というスピーチもカッコよかった。大佛次郎論壇賞受賞者の森千香子さんのスピーチも素晴らしいものでしたが、選考委員の酒井啓子さんの選考理由解説がまた含蓄深く、感動しました。

萩尾望都先生朝日賞受賞贈呈式・祝賀パーティの模様(togetter)
時代ひらく輝き、ここに 朝日賞など4賞受賞者スピーチ(朝日新聞)
6氏3団体に贈呈式 朝日賞・朝日賞特別賞・大佛賞・論壇賞・朝日スポーツ賞(朝日新聞)

【追記2017年2月6日】
スピーチの全文が出ました!無料登録が必要ですが、是非ともお読み下さい。
連載:小原篤のアニマゲ丼「萩尾望都でございます。職業は、マンガ家です」(小原篤のアニマゲ丼)(朝日新聞)

2017.02.01 1:32 | イベント

イタリア文化会館で萩尾先生とヤマザキマリさん、イタリア文化会館館長との鼎談が行われます。

イタリア文化会館2016年11月9日、萩尾望都先生とヤマザキマリ先生、イタリア文化会館の館長とで鼎談を行います。 日本の文芸作品やマンガ、テレビ番組などでイタリアがどのように描き出されているかについてのお話です。

申し込み方法は下記の内容でイタリア文化会館にメールを送ってください。

To:eventi.iictokyo@esteri.it
Subject:11月9日イベント
本文:名前(ローマ字表記)、電話番号、参加人数

詳細はこちら→鼎談「イタリアと日本人 文化とサブカルチャーをめぐって」(イタリア文化会館)

イタリアと日本人 文化とサブカルチャーをめぐって
出演:萩尾望都(漫画家)、ヤマザキマリ(漫画家)、ジョルジョ・アミトラーノ(イタリア文化会館館長)
会期:2016年11月9日(水)18時30分(開場18時) 
会場:イタリア文化会館 アニェッリホール(東京都千代田区九段南2-1-30)
会場最寄駅:東京メトロ東西線、半蔵門線、都営新宿線九段下)
入場料金:無料
お問い合せ:イタリア文化会館 Tel. 03-3264-6011(内線13, 29) eventi.iictokyo@esteri.it
主催:イタリア文化会館


ローマへの道なお、鼎談は日本語で行われます。イタリア語通訳はありません。というかイタリア語でなくてよかった。

【2016年11月28日追記】『朝日新聞』デジタルにレポートが載りました。→バンパネラとカンパネルラ(小原篤のアニマゲ丼)

2016.10.24 18:59 | イベント

女子美公開講座で萩尾先生とイルカさんの対談が行われます。

萩尾望都×イルカ2016年12月19日、女子美術大学公開講座で萩尾先生とシンガーソングライターのイルカさんの対談が開催されます。どんな話になるんでしょう?フォークソングと萩尾先生の共通点は...?


女子美術大学特別公開講座 「宇宙・人間・アート」
日時:2016年12月19日(月)16:20~17:50(開場15:30~)
会場:女子美術大学杉並校舎 7号館7201教室
入場料:無料
定員:50名 (事前申し込み・先着順)

申し込み方法:下記サイトで10月3日(月)10:00~10月10日(月)10:00まで受付。定員に達した場合は期間内でも申し込みは終了。申し込み後、10月末までに参加票がメールで送られてくるとのことです。

特別公開講座 宇宙・人間・アート」萩尾先生×イルカ先生 事前申し込みサイト

【10/4補足】
10/4、定員を超えて締め切られました。現在、別の教室で同時中継できないか調整中だそうです。女子美のサイトが更新されましたらお知らせします。 


【12/18補足】
上記の記載がなくなっていました。おそらく中継はないのでしょう。

2016.10.03 10:02 | イベント

> イベントの記事一覧