イベント

「ポーの一族」が宝塚歌劇団花組にて舞台化されます。

ポーの一族「ポーの一族」が宝塚歌劇団花組にて舞台化されることが発表されました。2018年1~3月に兵庫・宝塚大劇場、東京・東京宝塚劇場にて上演されます。このニュースを聞いて私は最初に小池修一郎先生(愛称イケコ)の長年の願いが実ったのだなと感慨深いものがありました。

ミュージカル・ゴシック「ポーの一族」花組公演
原作:萩尾望都
脚本・演出:小池修一郎
主演:明日海りお、仙名彩世

2018年1月1日(月)~2月5日(月):宝塚大劇場
2018年2月16日(金)~3月25日(日):東京宝塚劇場


「ポーの一族」(小学館文庫)第1巻のあとがき「パンパネラの封印」によると、劇作家であり舞台演出家である小池修一郎先生は1977年の宝塚歌劇団入団時にすでに「ポーの一族」を舞台化したいという希望をもっていらしてました。独り立ちした演出家としてデビューしたのが1986年で、翌年1987年に第2作として「ポーの一族」をやりたかったのですが、少年なので難しいと、大人のドラキュラものをやろうと「蒼いくちづけ」を作・演出されました。この時から萩尾先生は小池修一郎先生の作・演出作品にはずっと招待され、ご覧になっているそうです。

1996年星組公演「エリザベート」の再演時に主役2人と小池先生、萩尾先生の4名で対談をしており、『歌劇』に掲載されています。この時の話に出たことですが、萩尾先生が最初に宝塚をご覧になったのは、15歳のとき。「霧深きエルベのほとり」という舞台だったそうです。大阪に住んでいらした高校生の頃と一致しますね。(「エリザベート」特別対談―「歌劇」1996年9月号 p88~92)また、小池先生ご自身が「エリザベート」をノベライズ化した本(文庫本の方です)のあとがきを萩尾先生が書かれています。

2003年6月~7月に雪組公演で「アメリカン・パイ」が上演されます。これまで唯一の萩尾作品の舞台化です。映像はCSのスカイ・ステージで時折見ることができます。

2003年11月~2004年3月、宝塚歌劇団月組トップスター、紫吹淳さんの退団公演となった「薔薇の封印―ヴァンパイア・レクイエム―」が上演されました。作・演出はもちろん小池修一郎先生。この時の「ヴァンパイアと薔薇の谷」という「ポーの一族」の設定を使うことの許可を萩尾先生から得ています。パンフレットにも「清く妖しく美しく」という2ページのエッセイを寄せられています。その文末で宝塚の魅力をこう表現されています。名文です。

薔薇の香りにたちくらみ、おののき、ときめき、ためいきの宝塚の舞台に、透きとおるように溺れたい。

この時の対談では「ポーの一族」は少年が主人公なのでどうしても制約があって、と小池先生が語られています。(宝塚月組トップ ラストステージの舞台裏―ヴァンパイアに魅せられて「婦人公論」1149号 2004.3.22 p144~148)。今回の公演はこの「制約」が何らかの形でクリヤされたせいなのでしょうか?是非その辺を小池先生に語っていただきたいものです。

この公演については『月刊フラワーズ』2017年7月号に萩尾望都先生のコメントが掲載されるそうです。

萩尾望都先生の名作『ポーの一族』初舞台化!宝塚歌劇で上演!(月刊フラワーズ)
2018年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】<2018年1月~3月・花組『ポーの一族』>(宝塚歌劇団)
「ポーの一族」宝塚花組にて舞台化、2018年に上演(コミックナタリー)
宝塚「ポーの一族」を初舞台化、30年かけ交渉成立(ORICON NEWS)

2017.05.23 21:36 | イベント

「萩尾望都SF原画展」2017年の巡回展が出揃いました。

萩尾望都SF原画展2017巡回展2016年5月に吉祥寺美術館で開催されて好評を博した「萩尾望都SF原画展」の2017年の巡回展が出そろいました。

2017年7月15日(土)~9月3日(日)
新潟市マンガ・アニメ情報館

2017年9月9日(土)~11月5日(日)
兵庫ゆかりの美術館

2017年11月11日(土)~12月23日(祝)
佐野美術館

新潟市マンガ・アニメ情報館
所在地:新潟県新潟市中央区八千代 2-5-7 万代シテイBP2 1階
開館時間:11:00~19:00(土・日・祝は10:00~)
休館日:1月1日(展示替えによる臨時休館あり)

兵庫ゆかりの美術館
所在地:神戸市東灘区向洋町中2-9-1
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝・休日の場合は翌日)

佐野美術館
所在地:静岡県三島市中田町1−43
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:木曜日(祝日の場合は開館)

この後、引き続き2018年も巡回は続くそうです。皆様楽しみにされていることでしょう!


萩尾望都SF原画展公式フェイスブックページ

2017.05.09 20:53 | イベント

「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」に萩尾先生のコーナーがありました

炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展2017年5月5日~9日、大阪のエル・ライブラリー(大阪府立労働センター)9階ギャラリーで「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」という展示が行われました。その中に大牟田市出身で、三井三池工務所の社宅に住んでいた萩尾先生のコーナーがあったそうです。お父様が三井鉱山におつとめだったんですよね。私は行けなかったのですが、ご覧になってきた方からの聞き書きをまとめてレポートします。



大きな展示会場の一番最後の部屋で、大牟田出身の作家、マンガ家が複数紹介されていました。その中に萩尾先生のコーナーもありました。

まず、大牟田での少女期の写真とエピソード。主に「文藝別冊 萩尾望都」に掲載されていたもので構成されています。

次に大牟田のマンガ集団「キーロックス」の活動のパネル。萩尾先生が大牟田時代に活動していたマンガ集団「キーロックス」の活動(同人誌名が『キーロック』)のお話。この集団から萩尾先生、福山庸治さん、原田千代子さんの3名がプロデビューしています。メンバーであった藤井法行(ペンネーム池田法行)さんの文章と高校時代の萩尾先生が藤井さん宛の手紙の中で描いた6点の作品がパネル展示されています。(でも肝心の肉筆回覧誌『キーロック』の現物は見当たらず...)

文章の方では、男性ばかりのロックバンド「キーロックス」4名のうち3名がマンガを描いていて、前述の藤井さんのいとこに原田千代子さんがいて、原田さんの方にマンガを描く女子4名のグループがあり、合流しました。萩尾先生は原田さんの友達の中にいました。1965年末頃、萩尾先生は高校2年生でした。大阪から大牟田に戻る直後からでしょうか。萩尾先生が楽しく同人活動をされていた様子が書かれています。

萩尾先生は高校を卒業後、1967年春から福岡市のデザイナー学院に入学。その後も東京に行った原田さんや福山さんとの手紙での交流は続いたそうです。1968年4月『別冊マーガレット』1968年5月号の少女まんがスクール 第11回で(萩尾望東名義)「ミニレディが恋をしたら」が金賞に入賞し、続いて同年7月号では「青空と王子さま」で銀賞に入賞した話が書いてありました(パネルに「星空~」とあるのは間違い)。


萩尾先生のコーナーには多数の本と複製原画(COMIC JANGLEの時の「ポーの一族 すきとおった銀の髪」)が展示されていました。同人誌で有名な「迷宮'76 萩尾望都に愛をこめて」や萩尾先生のお父様の「南方記」まで。「ヒットソングアルバム」のルネの「小さな生命」西城秀樹「涙と友情」といったちょっとレアな切り抜きもそうですが、『なかよし』1969年8月夏休み増刊号(「ルルとミミ」の掲載号)の実物はなかなか萩尾先生の原画展などでもお見かけしない貴重なものですね。展示の逆の方にガラスケースがおいてあり、「原田誠一コレクション」と銘打って貸本や雑誌、貸本の生原稿までがおいてありました。


「炭鉱の記憶と関西 三池炭鉱閉山20年展」
2017年5月5日~9日 10:00~19:00
エル・おおさか(大阪府立労働センター)9階ギャラリー(主催:エル・ライブラリー、関西・炭鉱と記憶の会)

2017年6月6日~30日 10:00~16:00(日曜休館。6月11日は特別開館)
関西大学博物館(主催:関西大学経済・政治研究所、エル・ライブラリー)

2017.05.09 16:38 | イベント

萩尾望都先生と志村洋子先生の対談イベントが開かれました。

la kagu2017年4月15日、萩尾望都先生が染色作家の志村洋子先生との対談イベントに登場されました。志村先生が新潮社の雑誌『考える人』に連載していたものをまとめられた著書「色という奇跡」の刊行を記念して、新潮社の倉庫を改築した商業施設「la kagu」にて開かれたイベントです。


志村洋子×萩尾望都「色の神秘、キモノを着るという精神の贅沢」
日時:2017年4月15日(土)18:30~20:00
会場:神楽坂 la kagu

染織作家の志村洋子先生と萩尾望都先生が出会われたのは1992年頃。当時萩尾先生は「残酷な神が支配する」の連載を開始した頃で、心理学の勉強をなさっていたのだそうです。そんな中、縁あって参加したシュタイナー研究の第一人者・髙橋巌先生の勉強をする合宿で志村先生と出会われたとのこと。歳も同じでアーティストどうし、気が合ったのでしょう。一緒に韓国旅行に行ったり展示会に行ったりするようになり、親しくおつきあいされているそうです。

今年の1月30日に開催された「朝日賞」贈呈式で着られていたお着物は志村先生の作品です。また、2011年に刊行された志村先生の「志村洋子 染と織の意匠 オペラ」に萩尾先生がエッセイを寄せられています。

志村先生は、お弟子さんが大勢おられる先生らしく、キビキビとお話を進められるのですが、萩尾先生は少しでもわからないことがあると、その場で「ちょっと待って、それは?」と質問を突っ込みます。それで話が脱線して、あちらこあちらに飛んでいましたが、楽しかった。

主に萩尾先生の作品に関するところをピックアップして書きます。

震災後に萩尾先生の「なのはな」が発表されたとき、あまりの早さに驚いたと志村先生がおっしゃって、この作品を描くまでの経緯を話されました。ファンの方ならよくご存じの話です。震災の映像を見てとても気持ちが落ち込んでしまった萩尾先生を作家の長島有先生が呼び出して代々木公園でお花見をしました。その時に放射性物質で汚染された土壌を花できれいに出来るという話を聞き、ちょっと希望が出てきました。予告カットを書かなければならない締切が迫り、編集部に断った上で作品にすることに決めた。普段はネームを見せたりはしないのだが、この時は編集部にネームを見せて了解を得た上で描いた。この当時の自分の希望的な観測で、現地で体験した人たちとは違うけれど、遠くから見て描いたものですとおっしゃっていました。

「プルート夫人」は「なのはな」を描く際に通り一遍の科学知識しかなかったので、放射性物質の歴史を調べた。すると、ラジウムを発見した後、このエネルギーを何かに利用することを思いつき、科学者たちがまるで悪女に魅入られたかのように、どこまでも追求してしまう姿を作品にしてみたとのことでした。

「半神」について萩尾先生は、子供の頃からふたごに憧れていたけれど、大きくなると大変なこともあるのだと思うようになった。「モザイクラセン」に兄弟のふたごが登場するのだけれど、描くところが少なくて2人をくっつけて描いた。そこで最初からくっついてる双子(シャム双生児)のことに気づいて「半神」を描いたそうです。

会場には「色という奇跡」の本に収録されている布が飾られていて、これが1枚1枚違うとのことでした。つまり、1冊ずつすべて違うものが入っているのだそうで、工房でお弟子さん達と1000冊以上作られたそうですが、大変な作業だったことと想像します。

「どんなに緑が濃い植物で染めても葉っぱのような緑は絶対に出なくて、黄色と青を掛け合わせて濃い緑にする」というお話や、「木綿は植物。植物に植物の色は入らない。絹は動物の糸だから植物の色が入る」といった染色のお話も興味深く。中東の平和を願うお二人のお話を伺うにつれ、これは新潮社の文芸誌などで発表されないのかなと思いました。おもしろかったです。

志村先生も萩尾先生ももちろん、お着物です。萩尾先生の方はとても大胆な柄ですが、淡い緑が春らしい。志村先生の方も本当に淡い色の紫が上品な、これもまた春らしいお着物でした。

2017.04.15 23:40 | イベント

スタジオライフ「エッグ・スタンド」製作発表会が開かれました

エッグスタンド2017年2月、劇団スタジオライフの「エッグ・スタンド」製作発表会が開かれ、萩尾望都先生も登壇されました。朝日賞を受賞された直後ということもあり、普段よりメディアの露出が多かったように思います。演劇系のウェブマガジンは軒並み出ていますが、全国紙のウェブにも載りました。まとめます。

萩尾望都×倉田淳×笠原浩夫インタビュー(上)スタジオライフが萩尾原作の傑作漫画『エッグ・スタンド』を初舞台化(WEBRONZA)
萩尾望都×倉田淳×笠原浩夫インタビュー(下)(WEBRONZA)
...途中から有料です。

舞台『エッグ・スタンド』 萩尾望都×倉田淳 特別対談 Theater-forum(動画22分)

舞台「エッグ・スタンド」会見で萩尾望都が執筆の経緯を語る、「ポーの一族」も(コミックナタリー)
「エッグ・スタンド」萩尾望都×倉田淳が対談、執筆の経緯や舞台化への思い語る(ステージナタリー)

萩尾望都原作『エッグ・スタンド』製作発表記者会見 萩尾望都と脚本・演出の倉田淳の対談も( Astage-アステージ)
萩尾望都「観客を冬のパリに連れていってくれるはず」 Studio Lifeが『エッグ・スタンド』を初舞台化(シアターガイド)
萩尾望都『エッグ・スタンド』舞台化で"観客を冬のパリに" 特別対談&製作発表記者会見レポート(SPICE)
劇団スタジオライフ『エッグ・スタンド』製作発表レポート(オケピ)

スタジオライフ公演「エッグ・スタンド
2017年3月1日~20日 新宿 シアターサンモール
2017年3月24日~26日 大阪 ABCホール

2017.02.23 22:15 | イベント

> イベントの記事一覧