単行本発売情報

エッセイ集「一瞬と永遠と」の文庫版が刊行されました

一瞬と永遠と2016年5月6日、「一瞬と永遠と」(朝日文庫)が朝日新聞出版から刊行されました。これは2011年6月に幻戯書房から刊行されたエッセイ集の文庫化です。文庫化にあたり、2本のエッセイ、文庫化にあたっての萩尾先生ご自身のあとがき、そして穂村弘さんによる解説が新たに追加されています。

「一瞬と永遠と」

この追加された2本のエッセイは「女心」と「わが師の恩」というもので、後者は2015年夏に逝去された山本順也氏についてのエッセイです(初出は1990年の週刊朝日)。山本氏は萩尾先生が講談社でなかなか原稿が採用されない時期に紹介されて小学館へ原稿へもっていくと、これまでのものも全部持ってくるよう言った方です。『少女コミック』の時代、『プチフラワー』の時代、ずっと直接担当されていたわけではありませんが、近くで見守ってこられました。直接的なことはあまり言わない山本氏が萩尾先生にとって、どんな存在であったかが書かれています。最後の「三度の鐘」についてお話しをうかがってみたいものです。

この文庫版用に追加されたあとがき「道のり」も山本氏とのお話しです。「いやあ、違うよ。」と笑いながら、お腹の中で「わかってんだろう?」と言ってるような、そしてそれを萩尾先生も充分わかってる。そんなお二人のやりとりが書かれていて、思わず私もほほえんでしまいました。そしてこの出来事が「トーマの心臓」の不人気(今では信じがたい)に苦しんでいた萩尾先生へ、どれほどの励ましになったことかと思うと、胸が詰まります。

この時期に出された本に、このエッセイを追加されたこと、そしてこの文庫版のあとがき。「今、わたしは、ここにいる。」と過去のエッセイ集をあらためて出したあとがきにそう書かれているのです。是非、読んでみてください。

尚、表紙のイラストは「あぶない未来少年」の予告カットです。『ファンタジーDX』1994年6月号に掲載された、7月号の予告です(by 図書の家)。

2016.05.02 11:44 | 単行本発売情報, エッセイ

「ポーの一族」全5巻復刻版発売。限定BOXセットも。

ポーの一族復刻版限定BOX2016年5月10日、「ポーの一族」の復刻版として、フラワーコミックス全5巻がそのまま当時の装丁で発売されます。また、5冊がセットになった限定BOXも同時発売されます。この限定BOXにはポストカード8枚セットも封入されています。

テレビドラマの「ストレンジャー」効果なのでしょうか?小学館文庫を増し刷りするよりは、こちらを復刊した方が良いと考えられたのでしょうか?5月12日は萩尾先生のお誕生日なので、そこに合わせたのかもしれませんが、何故このタイミングなのかはっきりはわかりません。

萩尾望都「ポーの一族」復刻版が当時の装丁で発売、ポストカード封入のBOXも(コミックナタリー)
「ポーの一族」


【2016.5.8追加】
ポーの一族 復刻版 限定BOX「ポーの一族」復刻版、2016年5月6日に発売になりました。限定BOXについてくるポストカードは以下の通りです。
1.フリージア(外箱の前面と同じ、エドガーとアラン)
2.ランプトン(フラワーコミックス4巻の表紙と同じ)
3.赤本の「ポーの一族」4冊分
4.「ランプトンは語る」p6
5.「小鳥の巣」第1話扉
6.「ポーの一族」第4話扉(フラワーコミックス第1巻扉)
7.「11月のギムナジウム」扉絵
8.「ペニー・レイン」本文(フラワーコミックス第4巻p97)

通常のポストカードサイズより大きく、また裏面(表面)にも小さめのイラストが入っています。

そう言えば、上で「何故このタイミングで復刻版を出すのだろう?」と書きましたが、「ポーの一族」の新作が出るから、なのではないでしょうかね?

2016.04.01 22:52 | 単行本発売情報

「AWAY」第2巻が発売

away02zen.jpg

2015年9月10日「AWAY」第2巻が発売されました。 小松左京「お召し」を原案につくられた萩尾先生の本格SFが完結です。世界は大人と子どもの二つに分かれてしまいましたが、子どもたちが直面する出来事はまさに今の私たちの問題です。

萩尾望都「AWAY」第2巻 感想ツイートまとめ
コミックス > AWAY 第2巻

2015.09.10 9:09 | 単行本発売情報

「王妃マルゴ」第3巻が発売されます。

王妃マルゴ 3巻2015年1月23日、「王妃マルゴ」の3巻が発売されます。マルゴの秘密の恋人・ギーズ公アンリは、マルゴと清い関係のまま、戦争へ。マルゴの兄、アンジュー公アンリが戦地に旅立つ前日、マルゴを部屋に呼んだアンリは、マルゴに襲いかかります。

さて、この巻ではマルゴの本格的な初めての恋愛と苦悩が描かれます。歴史ものは初めてという萩尾先生ですが、豪華な衣装のみならず、建築や文化、当時の生活習慣に至るまで、研究はすさまじいことになっているのではないかと想像します。お疲れ様です。

2015.1.23 集英社 192p
ISBN978-4-08-792003-1

2015.01.16 22:32 | 単行本発売情報

童話集「銀の船と青い海」の文庫版が刊行されます。

銀の船と青い海 文庫2015年2月6日、河出書房新社より「銀の船と青い海」の文庫版が刊行されます。1970~80年代の童話とカラーイラスト50点が収録された本で、2010年10月に刊行されています。(単行本「銀の船と青い海」

今回、文庫化にあたり、「少女ろまん」「さなぎ」が追加されます。これは初めて単行本に収録される作品です。「少女ろまん」は『プリンセス』1977年3月号~8月号に見開きで6回に渡り掲載された詩とイラストの作品です。「さなぎ」は『セブンコミック』1979年第2号に掲載された作品です。

表紙は『りぼんデラックス』1977年春の号に収録されたイラスト。解説は坂田靖子先生。

「銀の船と青い海」(文庫版)

2015年2月6日 河出書房新社 ISBN978-4-309-41347-1

河出書房新社

2015.01.16 21:03 | 単行本発売情報

> 単行本発売情報の記事一覧