萩尾望都作品目録 掲示板


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー情報保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[3513] 「私の少女マンガ講義」 投稿者:NUWARAERIA 投稿日:2018/02/25(Sun) 09:27   [返信]
萩尾先生の新刊「私の少女マンガ講義」
2018年03月30日に新潮社から出版されます。

amazonの商品説明
『イタリアの大学で行った講義を完全収録
創作方法や注目の新作「春の夢」など
自作についても語り下ろしたハギオモト流少女マンガ論』

楽しみです。

別件ですが、
先日、丸善書店にて開催された
小川洋子氏の新刊記念のサイン会にて。
宝塚ファンの先生曰く、
「ポーの一族」楽しみにしておりましたのに
チケットが取れず残念でした、とのこと。
萩尾先生と小川先生、
宝塚を巡る対談が実現できたらいいなァと思いました。






[3512] くらもち本 投稿者:まるこ 投稿日:2018/02/10(Sat) 21:38   [返信]
管理人様 はじめまして。いつも見させてもらってます。
すっごく充実してて、しかも長く続けて下さっているので、情報難民の助けになってます。

先日、くらもち本〜くらもちふさこ公式アンソロジーコミックを買ったところ
萩尾先生が1ページだけ載ってました〜
「おしゃべり階段」の番外編「まゆをつけたピカデリー」の とんがらし 真柴くんLOVE ということで、
ピカデリーを抱く真柴くんを書かれています。
ご存知かもしれませんが、お知らせまで。

[3511] 千秋楽 投稿者:Q連続帯 投稿日:2018/01/29(Mon) 13:30   [返信]
先日、とあるサイトにて宝塚のポーの一族の千秋楽が、ライブビューイングで全国と台湾で上映されると知りました。管理人さんの宝塚観劇レポートを読み見てみたいと思っていたので、この機会に見に行ってみようと思います。
もし、このコメントが不適切でしたら削除願います。

http://liveviewing.jp/contents/ponoichizoku/


[3510] 雪で思いつきましたが 投稿者:Ivan 投稿日:2018/01/24(Wed) 19:35   [返信]
 萩尾作品って雪が結構重要なシーンで使われますよね。トーマの死とか、グレッグの葬儀とか。先生は九州出身なので馴染みなかったと思うんですが、思い入れたのなにがきっかけですかね?

[3509] Re:[3508] 残念です 投稿者:Jasmin 投稿日:2018/01/22(Mon) 20:53   [返信]
管理人さま

ご教示いただきありがとうございます。
Kindleを試してみますね。

それにしても今日の首都圏はたいへんな雪でしたね。
皆さま、明日もお気をつけください。

[3508] Re:[3507] 残念です 投稿者:管理人 投稿日:2018/01/22(Mon) 00:14   [返信]
「モーニング」6号はKindleなどの電子書籍で販売されています。
あまりオススメできませんが、中古もネットでは出ています。

https://www.amazon.co.jp/dp/B078T9PTZR


[3507] 残念です 投稿者:Jasmin 投稿日:2018/01/21(Sun) 21:12   [返信]
不覚にも『バス停まで』の載ったモーニングを買い忘れてしまいました。
皆さまの書き込みから察するに、とても感銘深い作品のようですね。
3.11のことをずっと描き続けていらっしゃる萩尾先生。
阪神大震災もそうですが、けっして忘れてはいけない日。
いつかきっと読みたいです。

[3506] 「バス停まで」読みました 投稿者:Ivan 投稿日:2018/01/17(Wed) 20:11   [返信]
 「なのはな」より面白い作品だと思いました。

 萩尾先生と歳が近い父(私が萩尾ファンになったきっかけは父)が、「廃屋となった実家を思い出す。あそこへ行けば、親父に会えるかもしれない」と。子供の頃、祖父母が暮らす実家へよく遊びに行ってましたが、今では他人の物になってます。
 3.11を念頭に置いた作品だとすぐわかりましたが、別に被災地に限らずとも、田舎の過疎化が進んでる現代日本、打ち棄てられた廃屋は沢山ある。先生はそれも考えて描いたと思います。思い出がないがしろにされる時代と感じます。

[3505] 「バス停まで」感想 投稿者:NUWARAERIA 投稿日:2018/01/14(Sun) 19:25   [返信]
「バス停まで」を読みました。
萩尾先生が「菜の花」以来、
3.11のことを想い続けて作品にされたことに胸を打たれました。
最終ページでの原木シイタケのシーンは、
「マリーン」の片方は船の上に置いてきてしまったイアリングのシーンと重なりました。
亡くなった者の思いを
その人の所縁のものに託して描く先生の表現、とても素敵です。
あらためて、3.11の被害にあわれた方々に合掌。

[3504] ちょっとした情報 投稿者:Ivan 投稿日:2018/01/13(Sat) 17:08   [返信]
 宝塚劇場で「ポーの一族」紅茶が販売されてます。
http://kageki.hankyu.co.jp/news/20180111_005.html
 「ポー」って、紅茶が重要なアイテムだったので、気になりますよね?

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -